ふゆみずたんぼオーナーズblog

ラムサール条約湿地「宮島沼」を守るため、はたまた農作業で心地よい汗を流すため、いやいや美味しいお米をたらふく食べるため、とにかくいろんな理由で立ち上がった『ふゆみずたんぼオーナー』のためのブログです!

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のふゆみずたんぼ 【幼穂形成期編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2223.jpg
少し蒸す感じです。

葉についたアブラムシをテントウムシ(ナナホシテントウ)の幼虫が食べていました。
DSCN2215.jpg

一方、アブラムシの世話をしてそうなアリも…
DSCN2225.jpg

少しワキが気になるのでイネを抜いてみました。
DSCN2226.jpg
う~ん…少し根が茶色いかな??

「(ガス)ワキ」とは酸素のない状態で有機物が分解してガスを出すことです。
酸素のない状態では、土の中の鉄が溶け出して根に付着し、根がリン酸やカリなどの栄養分を吸収できなくなり、酷ければ腐ってしてします。ワキは、未分解のわらや肥料を土の中深くに混ぜ込んでしまうことが原因となるので、それらは浅くすき込むのが基本になりますが、いったんわいてしまったら、新鮮な水が通るようにして酸素を供給するか、水を落として田面が直接空気と触れるようにします。

ただし、幼穂が形成される時期は、幼穂を低温から守るために水位を高く保つのが基本となりますので、幼穂の状態を見てみました。

一番伸びている主幹を抜き取って、カッターで割いてみます。
DSCN2230.jpg
お~。真ん中の白いのが幼穂。
どうやらすでに幼穂形成期に入っているようです。もっと生長しているものもありました。

ワキもそれほど酷くはないようなので、もう少し状況を見て、幼穂形成期が過ぎたら中干しするかどうか検討したいと思います。

コメント

おおー
立派ないい根じゃないですか~
わきの心配はもう全くないと思います。
中干しもいらないでしょう。
あとはいつ落水を始めるかだけだと思います。

いいねぇ(!?)

いい根ですか!
そうかそうか。実際悪い根を見たことがないので何とも言えなかったのですが、よかったです。「稲 根腐れ」でググってもそれらしい画像が見つからないんですよね。
まあ、サポーター筆頭も涼しい顔だったので、それほど心配してはいなかったのですが…やっぱり色々気をもんでしまいます。

あっ

そういえば、研修会の案内を勝手に転載しちゃいました…。
すみませんです。ご了承くださいませ。

研修会

いえいえ、ありがとうございます。
まだ施設使用申込もしてないのに…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paddyowner.blog19.fc2.com/tb.php/66-9402d600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田んぼ管理人

Author:田んぼ管理人
ふゆみずたんぼの管理人です。
「ふゆみずたんぼin宮島沼」もいよいよ5年目!わかってきたようなやっぱりわからないような…。諸先輩方のアドバイスを受けつつがんばってます!どうぞよろしくお願いいたします!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

雁太のつぶやぎ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。