ふゆみずたんぼオーナーズblog

ラムサール条約湿地「宮島沼」を守るため、はたまた農作業で心地よい汗を流すため、いやいや美味しいお米をたらふく食べるため、とにかくいろんな理由で立ち上がった『ふゆみずたんぼオーナー』のためのブログです!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のふゆみずたんっぼ 【慣行水田も調査編】

テニスの練習が始まり筋肉痛です…。

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2161_20080702155102.jpg
今日もいい天気。幼穂が形成される時期のイネは最も冷害に弱いので、これからもこんな天気が続いてくれればいいのですが…。

さて今日はお隣の慣行水田でイトミミズとユスリカの調査。

どういうわけか、イトミミズはさほどふゆみずたんぼと変わらず、ユスリカにいたっては慣行の方が数が多かったです(でもサイズは小さい)。さらに、
DSCN2177.jpg
こんなゴマフガムシの幼虫までたくさん採れました。
ふゆみずたんぼでは、一回だけゲンゴロウの幼虫に食べられているのを見た限りです。

イトミミズにしても、ゴマフガムシ幼虫にしても、ふゆみずたんぼでは上位捕食者が多くなって数が押さえられているのかもしれませんね。また、イトミミズに関しては、その栄養となる米ヌカを去年の秋に投入したっきりなので、もうそろそろ食べ物がなくなってきたのかもしれません…。

●ハナアブの仲間
DSCN2156.jpg
アブではなくハエの仲間です。刺しはしないけど、スズメバチとかマルハナバチに擬態している種類もあります。幼虫はアブラムシを食べてくれる種類も多いそうです。
その後、一番下の写真はミズアブの卵と判明。そしたらコレ(↑)もミズアブ!?と思い調べてみるとそのようです。コガタノミズアブってやつでしょうか。やっぱり吸血はせずに花の蜜などを食べるようです。分布は局所的で全国的には減少しているみたいです。

●マイマイガ幼虫
DSCN2138.jpg
ドクガの仲間です。広食性とあるけどイネまで食べるとは!
水路に流しておきました。

その近くで何かの卵を発見。
DSCN2169.jpg
何だかしらないけど気味悪いです。

コメント

普通の水田にも生き物がけっこういるんですね。
来月もいろいろ発見しに行きたいと思います。
よろしくお願いします!

ミズアブですね。

ミズアブ!

普通の田んぼとふゆみずたんぼ。
イトミミズやユスリカだけではなく、群集全体で比較すると面白い違いがでてくるんだと思います。そんな調査もそろそろ始まりそうですね。

それにしても、ミズアブですか~。初見です。
ハナアブとして紹介したヤツはもしかしたらコガタノミズアブ!?
いやいや難しいものです…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paddyowner.blog19.fc2.com/tb.php/62-922cca76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田んぼ管理人

Author:田んぼ管理人
ふゆみずたんぼの管理人です。
「ふゆみずたんぼin宮島沼」もいよいよ5年目!わかってきたようなやっぱりわからないような…。諸先輩方のアドバイスを受けつつがんばってます!どうぞよろしくお願いいたします!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

雁太のつぶやぎ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。