ふゆみずたんぼオーナーズblog

ラムサール条約湿地「宮島沼」を守るため、はたまた農作業で心地よい汗を流すため、いやいや美味しいお米をたらふく食べるため、とにかくいろんな理由で立ち上がった『ふゆみずたんぼオーナー』のためのブログです!

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のふゆみずたんぼ 【ポンプ前の難敵編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0004_09.jpg
天気は下り坂のようです。

夏鳥の季節ですね~。
DSC_0010ky.jpg
コヨシキリがジョッキリリ、ジョッキリリ、ジョジョキリキリなど一所懸命にさえずっています。オオヨシキリのそばに縄張りをかまえているものは、ときどきオオヨシキリっぽいフレーズも入れています。

DSC_0001_27.jpg
北海道では夏鳥のモズも、子育てが始まったのでしょうか。エサとなる昆虫やカエルがたくさん出始めて忙しそうです。

●ベニシジミ
DSC_0006_10.jpg
全国的によく見られます。年2,3回発生して、写真の春型に比べ、夏型はもっと黒っぽくなります。幼虫はエゾノギシギシやスイバを食草とし、幼虫の時の日長が13時間以下なら春型、それ以上なら夏型になるそうです。

●カツオゾウムシ
DSC_0008_06.jpg
イタドリを食草とするので田んぼの近くによく見かけます。体色は黒ですが、橙色の粉を身にまとっているので鰹節的な色あいになっています。

●ドクガ幼虫
DSC_0009_06.jpg
ポンプに行く途中のイタドリにびっしりついているのがコイツらです。最初気づかないで藪こぎしたら、いつの間にか無数の毛虫が体にまとわりつき、まわりも毛虫だらけ、退路まで断たれて半泣きで立ちすくんでしまいました。毛虫は嫌いです。直接「毒刺毛」が生えるのは幼虫だけなのですが、結局この毒刺毛が、繭、成虫、卵にまで付着してまわります。名実ともにドクガなのでした。

コメント

刺すものたち

全然夏らしくならないけれど、鳥や虫達は着実に夏に向かってるんですねー。毛虫は嫌いじゃないけど刺すのは嫌ですね。一応毛虫全般は用心して素手では触らないようにしてますが。私はこの所掲載されてる足の生えてきた生き物の幼生の方が嫌です…足が出揃って尻尾が無くなると良いんですけど…私は今日、毛虫じゃなくて工作用に切っていたペットボトルの破片に刺されたようで中指の第一関節が腫れてトホホです~

かゆいです。

「足の生えてきた生き物の幼生」!
名前を見るのもいやなんでしょうね…
サンショウウオとかは平気ですか??

最近蚊やら毛虫やらにやられてかゆくてかゆくて。
30過ぎて虫にかぶれやすくなったような気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paddyowner.blog19.fc2.com/tb.php/50-6f607725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田んぼ管理人

Author:田んぼ管理人
ふゆみずたんぼの管理人です。
「ふゆみずたんぼin宮島沼」もいよいよ5年目!わかってきたようなやっぱりわからないような…。諸先輩方のアドバイスを受けつつがんばってます!どうぞよろしくお願いいたします!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

雁太のつぶやぎ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。