ふゆみずたんぼオーナーズblog

ラムサール条約湿地「宮島沼」を守るため、はたまた農作業で心地よい汗を流すため、いやいや美味しいお米をたらふく食べるため、とにかくいろんな理由で立ち上がった『ふゆみずたんぼオーナー』のためのブログです!

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ・フォーラム「石狩泥炭地、田んぼ、生物多様性と地球温暖化」

2月7日(日)の下記フォーラムは予定通り実行する予定です。

現在(7日8時)宮島沼は小雪がちらついていますが、ほぼ無風。
予報では「北西の風 はじめ やや強く 雪 で ふぶく 昼前 から くもり」(7日6時現在)とのことで、
午後には天気も回復する見込みですが、どうぞお気をつけていらして下さい。
センターの西側(石狩川側)の道路は除雪されていないので、東側(美唄側)から迂回下さい。



世界湿地の日2010 ミニ・フォーラム
『石狩泥炭地、田んぼ、生物多様性と地球温暖化』

数千年もの植物遺骸を蓄えた泥炭は、農地開発などによって大量の
温室効果ガスを放出するとされています。さらに、農業自体も約14%の
温室効果ガスの発生源であり、特に水田はメタンの約20%を放出して
いると言われています。

泥炭地の農業って…と思うかもしれません。

しかし、農業は、やりかたによっては地球温暖化問題に貢献し、
農地化によって失われた生物多様性の回復にも貢献できるのです。

道内有数の米どころに変貌した、国内最大規模の泥炭地で、
「地球環境問題に貢献する地域農業」のあり方について考えます。

WWD2010_poster.jpg

日時:2010年2月7日(日)13時~15時
場所:宮島沼水鳥・湿地センター

プログラム:
講演① 吉田磨(酪農学園大学)「地球温暖化と生物多様性保全と田んぼから出るメタン」
講演② 永田修(北海道農業研究センター)「石狩川泥炭地の土地利用と温室効果ガス」
意見交換 「地球環境問題に貢献する地域農業とは?新しい価値は見いだせるのか?」


※ 本フォーラムは、ラムサール条約が提唱する「世界湿地の日」に協賛して開催します。2010年の世界湿地の日のテーマは、「湿地と生物多様性・気候変動」(Wetlands, Biodiversity and Climate Change)で、スローガンは「湿地を思いやる~気候変動への回答」(Caring for wetlands – an answer to climate change)です。

※宮島沼水鳥・湿地センターへの道は冬期間一部通行止めになります。
tizu1_winter.gif

※ 猛吹雪の際は交通が遮断されますので中止や順延もあり得ます。当日のブログをご確認ください。
※ お問い合わせは宮島沼水鳥・湿地センター(担当:牛山)まで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paddyowner.blog19.fc2.com/tb.php/247-94703dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田んぼ管理人

Author:田んぼ管理人
ふゆみずたんぼの管理人です。
「ふゆみずたんぼin宮島沼」もいよいよ5年目!わかってきたようなやっぱりわからないような…。諸先輩方のアドバイスを受けつつがんばってます!どうぞよろしくお願いいたします!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

雁太のつぶやぎ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。