ふゆみずたんぼオーナーズblog

ラムサール条約湿地「宮島沼」を守るため、はたまた農作業で心地よい汗を流すため、いやいや美味しいお米をたらふく食べるため、とにかくいろんな理由で立ち上がった『ふゆみずたんぼオーナー』のためのブログです!

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のふゆみずたんぼ 【いもち防除編】

今日のふゆみずたんぼ。
IMG_1169.jpg
昨日から今日まで強風が続いていました。

中干しをしていないので地盤もゆるく、草丈も高いのでちょっと傾いてるイネも。。。
IMG_1162.jpg
でも、また起きあがってくるでしょう!?

心配なのは、風によって助長される「褐変穂」。
IMG_1170.jpg
病原菌によるもので、収量や品質にも影響を及ぼします。

さて、今日の田んぼですが、昨日までとは大きな違いがあります。
葉イモチの兆候が見られるということで、断腸の思いで防除剤をまくことにしました。
IMG_1167.jpg
去年の惨劇を繰り返したくないという想いが強かったのですが、
最後まで抵抗があったのは、ヘリ散布であることと、カメムシ防除も兼ねていることでした。

ヘリ散布は、農薬を手軽に広域を均一に散布できる利点がありますが、
IMG_1168.jpg
通常の100倍とも言われる高濃度の農薬を使い、しかもそれが周囲に飛散するため
一部では問題視されています。

実際、今日も通勤途中に道路に面した田んぼで農薬散布をしていて車にかかりましたし…。
健康被害もあるのだと聞きます。

農薬はできれば使いたくない、でも病気は恐い。。。

ただ、カメムシ防除に関してはオーナー田では本当に必要ないと思っています。
IMG_1172.jpg
せっかく益虫がたくさんいるのですから!!殺すことないですよね…

通常の農家さんは、カメムシによる「斑点米」が1000粒に1粒以上混じると
がくんと販売価格が落ちるので、かなり気を遣っています。

それでこの時期になるとみんなで一斉に農薬をまきだすのですが、
本来ならば「すくい取り調査」を行って、カメムシの発生の有無を確認して、
必要に応じて農薬をまく必要があると思います。
実際はそんな「面倒くさい」ことは誰もしないと思いますが…

一方で、なんでそんなに斑点米にこだわらなければいけないのかよくわかりません。

国の方針が決まったのは、斑点米が混じると消費者がいやがるからということですが、
実際販売されるお米は「色選機」で斑点米は取り除かれたものがほとんどだと思います。

ということは??

2等米として仕入れて、1等米と同様に売り出す業者だけが得をしているような…。
逆に、農家は全く意味もなくカメムシに翻弄されていることになります。
消費者だって、不要な農薬が使われているのですから、ある意味被害者です。
得をしているところがもう一つあげるとすれば、農薬業者ですが…。

業者が得をして国民が被害を被る…
本当にこんな図式になっているとしたらとんでもないことですが???

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paddyowner.blog19.fc2.com/tb.php/221-428d3f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田んぼ管理人

Author:田んぼ管理人
ふゆみずたんぼの管理人です。
「ふゆみずたんぼin宮島沼」もいよいよ5年目!わかってきたようなやっぱりわからないような…。諸先輩方のアドバイスを受けつつがんばってます!どうぞよろしくお願いいたします!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

雁太のつぶやぎ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。