ふゆみずたんぼオーナーズblog

ラムサール条約湿地「宮島沼」を守るため、はたまた農作業で心地よい汗を流すため、いやいや美味しいお米をたらふく食べるため、とにかくいろんな理由で立ち上がった『ふゆみずたんぼオーナー』のためのブログです!

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のふゆみずたんぼ 【風にやられて…編】

今日のふゆみずたんぼ。
IMG_0798.jpg
なかなか思うように晴れてはくれません。。。

久しぶりに田んぼに行くと…
IMG_0802.jpg
え!?葉っぱが変色してる。。。

でもよく見るとまわりの慣行田も同じようにやられています。
先週末の強風で葉っぱがぶつかりあって傷んでしまったのだと思います。

いもちの病斑にそっくりなものもあってドキドキです。
IMG_0803.jpg
もしかしたら傷んだ部分から病原菌が入りやすくなることもあるかもしれないので、
けっこうこまめに見回りをすることにしました。

イネは冷害危険期を脱したものも多くなりました。
平均的な株です。
IMG_0806.jpg
草丈63センチ、茎数37本。

止め葉もあがってきて、展開しようとしています。

主茎を剥いて幼穂を出してみると、13センチにもなっていました。
IMG_0807.jpg
20センチの深水にしてギリギリ保護できるくらいでしょうか。
そろそろ浅水に切りかえてもいい時期なのかもしれません。

モミも形もはっきりわかります。
IMG_0808.jpg
無事出穂してくれるでしょうか??

●おまけ
沼でとれるコオイムシ。
IMG_0796.jpg
田んぼにも入ってきてるかもしれませんね。

コメント

はじめまして

初めて見せていただきました
徳島で小さいながら稲作をやってます
葉っぱの先が赤いのはシンガレセンチュウとばかり決めつけていましたが 風でこすれてもこのような事が起こるんですね
イモチの病班かと勘違いしたこともありました 

超深水管理 バケツ稲で実験してますが全く雑草が生えてきませんでした

こんにちは~

徳島からコメントありがとうございました!!
近くの農家のおじいちゃんに聞くと、柔らかいイネの葉は風で傷みやすく、特に心配はいらないけど、病原菌が侵入しやすくなるかもということでした。

去年いもちで痛い目にあったのですが、いもちの病斑を未だに自信をもって見分けられそうにありません…。

今年は窒素を抑えめにしてミネラルを入れ、やや疎植にしたものの、心配はつきません。いもちが出そうな気候が続きそうなので、妥協して予防剤をまくべきか思案中です。

またいろいろ教えて下さい!

お返事ありがとう

私も去年 イモチで収量が3石を切りました

今年は疎埴薄植えのへの字稲作に挑戦してますが 窒素を多用しすぎて
紋枯れ病になり困っています

田んぼは油断大敵ですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paddyowner.blog19.fc2.com/tb.php/212-ec213d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田んぼ管理人

Author:田んぼ管理人
ふゆみずたんぼの管理人です。
「ふゆみずたんぼin宮島沼」もいよいよ5年目!わかってきたようなやっぱりわからないような…。諸先輩方のアドバイスを受けつつがんばってます!どうぞよろしくお願いいたします!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

雁太のつぶやぎ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。