ふゆみずたんぼオーナーズblog

ラムサール条約湿地「宮島沼」を守るため、はたまた農作業で心地よい汗を流すため、いやいや美味しいお米をたらふく食べるため、とにかくいろんな理由で立ち上がった『ふゆみずたんぼオーナー』のためのブログです!

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のふゆみずたんぼ 【三日月排水編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0001_20090313100238.jpg
昨日の吹雪で少し冬に逆戻り。

でも、気温も高く、雪解けは着実に進んでいます。

田んぼの横を流れる排水路の水量も多くなってきました。
DSC_0002_20090313100347.jpg

実はふゆみずたんぼin宮島沼のきっかけをつくることにもなったこの水路。
名前を、『三日月排水』と言います。

峰樺道路を過ぎてすぐの右岸に、かつて三日月沼という沼があったことから名前がついたのでしょうか。そのまま水路を辿ると北村の市街地手前で旧美唄川にぶつかり、そこの排水機場が終着点となります。三日月排水は昭和29年(1954)に完成していますが、宮島沼横の水路は、昭和22年(1947)の航空写真にすでにその原型を見て取れます。

戦後になると、洪水対策や農地整備のため、こうした排水路の網の目のように整備されました。同時に、三日月沼や親小沼をはじめとする多くの沼が、水を吸い取られ、姿を消していきました。

宮島沼も例外ではなく、乾燥化が進み、湿地特有の植物が途絶え、年々水面が縮小しています。ふゆみずたんぼは、そんな宮島沼に「潤い」を与える手段として期待されます。



ちょっと堅い話題になってしまったので…

◎おまけ

宮島沼でコアカゲラ(♀)をみました!!
コアカゲラ 2009-03-12 16-25-56
日本では北海道でしか見られない鳥です。

普通のアカゲラより一回り小さく(コゲラと同じくらい)、お腹に赤い部分がなく、背中も白っぽくみえます。
コアカゲラ 2009-03-12 16-30-02

ちなみに普通のアカゲラ(♀)はこんな感じ。
DSCN3043.jpg
真後ろから見ると、背中の白い部分はV字型に見えます。

コアカゲラは、ヨシなど細い草の幹にとまって虫をほじくり出したりします。
コアカゲラ 2009-03-12 16-30-26
冬はカラ類と混群をつくったりもするそうです。
道内でも分布は道東や道北が中心で、数も多くはないそうです。
平地から山地の林が生息域なので、もともとは宮島沼周辺にもたくさんいたのかもしれません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paddyowner.blog19.fc2.com/tb.php/146-bbf67f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田んぼ管理人

Author:田んぼ管理人
ふゆみずたんぼの管理人です。
「ふゆみずたんぼin宮島沼」もいよいよ5年目!わかってきたようなやっぱりわからないような…。諸先輩方のアドバイスを受けつつがんばってます!どうぞよろしくお願いいたします!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

雁太のつぶやぎ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。