ふゆみずたんぼオーナーズblog

ラムサール条約湿地「宮島沼」を守るため、はたまた農作業で心地よい汗を流すため、いやいや美味しいお米をたらふく食べるため、とにかくいろんな理由で立ち上がった『ふゆみずたんぼオーナー』のためのブログです!

2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のふゆみずたんぼ 【稲刈り終了編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0001_14_20080930115957.jpg
稲刈り作業も一段落。

倒れた所は刈り取りぬくく、けっこうマガンのエサが残されています。
DSC_0002_11.jpg
ただ、駐車場の近くなので残念ながらマガンはオーナー田にはなかなか降りません。

マガンは一万羽を超え、今週末あたりにピークとなるかもしれません。
スポンサーサイト

今日のふゆみずたんぼ 【コンバイン登場編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0001_13_20080929155145.jpg
今日になって晴れました。

昨日の成果。
DSC_0002_10.jpg
いつ見てもいいもんですね。

午後からコンバインによる稲刈りが始まりました。
DSC_0005_10_20080929155338.jpg

稲を刈って束ねて運んで…
DSC_0006_19_20080929155544.jpg

脱穀します。
DSC_0008_02_20080929155621.jpg
結構ここで詰まってしまって苦労されていました。

倒れている稲がバラバラな方向を向いているせいと聞きましたが、
株起こしの際にいくつかまとめて結わえていたせいもあるでしょうか・・・
申し訳ないことをしました。

たまった籾はトラックへ。
DSC_0010_12.jpg
気持ちいい瞬間です!

おっ~。けっこう入ってますね。
DSC_0014_02.jpg
Sさんのお父さん曰く、窒素を吸いすぎてたり、いもち病で立ち枯れしていたり、
今年は味については期待しないほうがいいとも・・・

来年でリベンジですね。
いろんな方と相談しながら、窒素を控えつつ、リン・カリ・カルシウムなどを添加する
土づくりを進めていこうかと思います。あとはいもち病菌をいかに持ち越さないか。
来年の稲作りは、収穫後すぐに始まります。

本日作業日です! 【雨の稲刈り編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0002_09_20080928143808.jpg
天気が良く見えますが、バラバラと雨に降られてしまいました。

本当はコンバインで3/4くらい刈って、残りを手刈り…という予定だったのですが、
雨が降っていると稲が湿ってコンバインが使えないので、
「はさぎが埋まるまで!」を目標に手作業スタート。

鎌で刈って、4-6株づつ束ねて結わえます。

すぐほどけてしまうほどゆるいのもありましたが、皆さんすぐにうまくなっていきました。
DSC_0006_11.jpg

だけど、なかなか元農家のMさんのようにはいきません。
DSC_0013_01_20080928144001.jpg
稲を持ち上げ、流れるような手さばきで結わえてしまいます。

運ぶのがけっこう大変だったりします。
DSC_0008_01.jpg

それでも1時間ちょっとではさぎがみるみる埋まってしまいました。
DSCN2891.jpg
来年はもうちょっと増やそうかと思います。

最後に今回は残念ながら出番のなかったコンバインの説明があり、
今年Sさんが初出荷したカボチャと宮島沼名物「さんりん汁」を食べて今回は終了。
みなさま本当にお疲れ様でした!

10月26日(日)には、お米を美味しく頂いてしまう最後の集まりを設けたいと思います。
このときお米を分配しますので、お楽しみに~!!

今日のふゆみずたんぼ 【はさ木組み編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2884.jpg
寒いです…。時折バラバラと雨霰が降っています。

夕方からはさぎを組み立てました。
DSCN2885.jpg
正体はハウス用のポールですけどね。。。

180度の虹がでました!
DSCN2887.jpgDSCN2888.jpg
これからマガンを数えてきま~す。

今日のふゆみずたんぼ 【慣行田の稲刈り編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2875.jpg
青空も見えますが、まだ天気は不安定でやや肌寒い感じです。

アレフ田んぼの稲刈りも無事終わりました。
DSCN2876.jpg
終わったときはもう薄暗く、翌日はやはり筋肉痛。
これを教訓に、オーナー田では予定したより多めにコンバインで刈ろうと思います。

お隣の慣行田で稲刈りが始まりました。
DSCN2878.jpg

オーナー田に近い側は、手刈りした稲を束ねるのに使うため、ワラを長めに残してあります。
DSCN2877.jpg
ワラ細工を作るイベントにも使う予定です。

ちなみに普通のワラはこんな感じ。
DSCN2880.jpg

この場合、ワラはコンバインの下の方からシャカシャカと出てきますが、
DSCN2879.jpg

長めのワラは上の方から束ねたように出てきます。
DSCN2883.jpg

明後日の稲刈りでコンバインの仕組みも教えてもらおうと思っています。
私はワラを長めに残せるということ自体知りませんでした。。。

今日のふゆみずたんぼ 【一足早く稲刈り編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2862.jpg

朝から強風が吹き荒れています。
DSCN2863.jpg
早朝には雹も降ったとか。

いくつかの品種を植えているアレフ田んぼの稲刈りにHさんがやってきましたので、
いろいろ教えてもらいついでにお手伝いさせてもらいました。

まず4株くらいをまとめて、ワラでしばります。
DSCN2872.jpg
結わえ方は特殊なのですが、すぐにイヤでも体が覚えてしまいます。

その束をさらにまとめて麻縄で結わえ、立てかけておきます。
DSCN2873.jpg
オーナー田ではこのようにはしないで、一束づつ「はさ木」に掛けます。

予定では3時には終わるはずだったとのことですが、
あと4分の1を残した時点で日が暮れてきました。
DSCN2874.jpg
頑張れHさん!

今日のふゆみずたんぼ 【土砂降り編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2856.jpg

朝方は土砂降りでした。
DSCN2853.jpg
これで本格的に秋に突入するのでしょうか。

その雨でさらにべったり倒れてしまった箇所も…。
DSCN2857.jpg

お隣の慣行田でアメリカセンダングサがにょっきり生えてきました。
DSCN2860.jpg
北アメリカ原産の帰化植物で、衣服にくっつく種をつくります。
図鑑によっては「北海道を除く全国に分布」とあるので、北海道に入ったのは最近のことなのでしょうか。

今日のふゆみずたんぼ 【初雁到来編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2830.jpg

マガンの初雁到来です。
DSCN2831.jpg
初認は昨日ですが、一昨日の夕方か夜遅くに飛来していたかもしれません。

収穫したての田んぼで落ちモミをついばんでいます。
DSCN2827.jpg
今年のお米のできばえはどうでしょうか??
初めてお米を食べる幼鳥にも感想を聞いてみたいです。

宮島沼周辺の田んぼは2~3割収穫が終わったでしょうか。
サポーター筆頭のSさんも来週から始めるとのことで、これから急ピッチで収穫が進むことと思います。

今日のふゆみずたんぼ 【二番穂編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2825.jpg
南から湿った暖かい風が入り込んでいます。

刈りだしたところから二番穂が出ていました。
DSCN2826.jpg
ひこばえも子孫を残すためにスケジュールを併せてきてるのですね。

残念なお知らせ。

ライギョが死亡してしましました。。。
DSCN2823.jpg
水槽から飛び出てのたうちまわったようです。

聞けば前科があるとのこと。
そういえば、玄関横にそのような痕跡が。。。
知っていれば毎晩厳重にふたをかぶせたのに。

今年の秋の目玉(?)ともいえる惜しい魚を亡くしました。
DSCN2824.jpg
ちなみに遺体は冷凍保存してあります。
骨格標本をつくりたい人、DNA解析したい人、ちょっと試食したい人(美味らしいです)、ご相談ください。

今日のふゆみずたんぼ 【初雁だけど…編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2820.jpg
夜の間に雨が降りましたが、天気は回復に向かっています。

そろそろ初雁がいつ現れてもいいころだなと空を見上げると。。。
DSCN2821.jpg
ピンボケもいいとこですが、一応ガンです。

でも、南から北へ移動しています。。。
近づいてくる鳥影は明らかに大きめ。なのにお腹は白い。
頭上を通過した際には「ガハハン」と一声。

オオヒシクイでした。
オオヒシクイはマガンより早く道内に渡ってきます。
サロベツにまず降りて徐々に道内を南下しますので、石狩川流域の湖沼でオオヒシクイが増えるのは、むしろマガンより遅いくらいです。写真のオオヒシクイも結局宮島沼には降りませんでした。

宮島沼といえば、やっぱりマガン。
「初雁」も、初飛来するマガンを指して使っています。
そんなマガンも2~3日中には現れるのではないでしょうか。

今日のふゆみずたんぼ 【泥炭土壌編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2816.jpg

いい具合に登熟してきたのではないでしょうか。
DSCN2817.jpg

お隣の慣行田にも所々いもちのあとが見えます。
DSCN2815.jpg

やはり復元田であることに加えて、もともと土壌の泥炭っけが強いため、
窒素過剰になりやすく、いもち病がでやすいようです。

泥炭地だった証拠に、田んぼからもこうした埋もれ木がごろごろと出てきます。
DSCN2818.jpg

今日のふゆみずたんぼ 【飛来期準備編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2814.jpg
いい陽気が続いてますね。倒れた稲には幸いしています。

もうすぐ始まるマガンの飛来シーズンに向けて草刈とゴミ拾いをしました。
DSCN2813.jpg
また忙しくなりそうです。

今日のふゆみずたんぼ 【また株起こし編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2811.jpg

健康な稲の葉色も少ずつ薄くなってきました。
DSCN2810.jpg
全部がこんなならいいのに。。。

今日も倒れた稲を起こしていたのですが、
それ以外に特に報告することもないので、チゴハヤブサの続報でも。

外傷もなく、骨折や脱臼もなさそうなので、
飛べるかどうかリハビリをすることにしました。

なかなか出て行こうとしません。
DSC_0004_06_20080913161733.jpg

おっ!?
DSC_0006_09_20080913161817.jpg

あれ??
DSC_0007_05_20080913162418.jpg

だめだ。。。
DSC_0009_03.jpg
ちなみにこの地面にひれ伏したポーズ、警戒姿勢だと思います。
マガンもこの姿勢をとります。

パタパタと数メートルしか飛べないようなのでまた収容。
神経をやられてないといいのですが、まだ衰弱しているのかもしれません。
けっこう痩せてますし。
しばらく栄養を与えてみようと思います。

仕事に来る途中、チゴハヤブサが飛んでいるのを良く見ます。
そろそろ移動の時期なので、早く回復してほしいものです。

今日のふゆみずたんぼ 【秋なのにナツアカネ編】

株起こしの筋肉痛が…。
まあ、翌日に出るだけよいとしましょう。

今日のふゆみずたんぼ。
DSCN2807.jpg
曇天。風はほとんどなく、涼しいです。

いつものようにチゴハヤブサのエサとりに励んでいると、

ん??

ナツアカネです。
DSCN2800.jpg
アキアカネに良く似てますが、一回り小さく、腹部の模様や成熟したオスが顔まで赤くなることからも見分けられます。

平地の水田など開けた環境を好むトンボで、アキアカネと同じく卵は乾燥に強く、乾田化の影響は比較的少ないと考えられています。

しかし、アキアカネに比べると数はかなり少なく、北海道では希少種に指定されています。もともとアキアカネのほうが北方系の種だということもあるのでしょうが、以前はナツアカネも多かったという話も聞いたことがあります。ナツアカネが減少した(?)原因としては、アキアカネは水田で発生したあと山地に「避暑」にでかけるのに対して、ナツアカネは水田のそばに留まり、カメムシ防除の農薬散布などの犠牲になったからだという考えもあるようです。

あまり贔屓するのもどうかと思ったのですが、希少種だし、離してあげました。

次回作業日予告~9/28 収穫!!

収穫が近くなってからいろいろとトラブル続きのふゆみずたんぼですが、

予定通り、

9月28日(日)10時半から収穫作業を行います!!

半分くらい手刈りではさがけにし、残りはコンバインで刈り取り機械乾燥にします。

一足早く収穫された新米も食べられるかも??

詳細は別途お知らせします!

お楽しみに~。

今日のふゆみずたんぼ 【株起し編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0001_07.jpg
地震、けっこうすごかったですね。
まあ、今日は地震より南風に戦々恐々です。

イヌホオズキの実が熟し始めました。
DSC_0003_05_20080911155649.jpg
食べられません。

べったり倒れてしまった稲を起こしました。
DSCN2806.jpg
オーナーのNさんと黙々と作業したのですが、ぜんぜん終わらず。。。
こ、腰が痛いです。

今週末も作業していますので、時間があるかたは是非どうぞ!

それにしても倒れてしまっている稲はほとんど節いもちにかかっています。
DSCN2804.jpg
茎もいかにも窒素吸いすぎという感じで、ひょろひょろです。
まるで軟白ネギですよ…。とほほ。

でも、ちゃんと薄撒き疎植でやっているふゆみずたんぼでは、
倒れた稲が起き上がった
という伝説のようなお話もあります。

今年はホントに身をもっていろいろと経験しています。


今日のふゆみずたんぼ 【チゴハヤブサ編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0001_06_20080910133810.jpg
いい天気です。

美唄でも早いところでは稲刈りが始まりました。
宮島沼周辺では15日過ぎからになるのではとのことです。
もしかしたらオーナー田んぼも少し早めたほうがいいかもですね。。。
サポーター筆頭に相談してみます。

さて、朝からヒシバッタ、コオロギ、ツユムシ、トンボなどをとりまくっています。
DSC_0022_01.jpg

なんのためかというと、
DSC_0006_07_20080910133923.jpg
近くの小学校で保護されたチゴハヤブサのため。。。
ちょっと様子を見ていますが、何かに衝突したらしく早急な野生復帰は難しそうです。
でも食欲旺盛。トンボやセミなどの大型昆虫のほか、小鳥やコウモリなどを食べるそうです。

街中の寺社林などでも繁殖するチゴハヤブサですが、この時期は結構農地でも見かけます。キーキキキッと鳴きます。以前も衝突死した個体をみたことがあり、けっこう傷病鳥として持ち込まれることも多いようなので、特に幼鳥なんかは衝突しやすいのかもしれませんね。

今日のふゆみずたんぼ 【倒伏編】

ご無沙汰してしまっていましたが、

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0001_05_20080909114705.jpg
ひさしぶりに田んぼにみたら、恐れていたことが。。。

かなり倒れてしまっています。
DSC_0002_05.jpg
倒伏は光合成や水の吸収を阻害し、環境も悪くなるので穂発芽や病害虫の発生を助長させます。
密生していたオーナー田では特に心配していましたが、やはり…。
早めに4~5株を結わえ付けて起してやると被害は最小限に防げるということなので、様子をみて作業したいと思います。

それにしても収穫間近になってから様々な苦難が…。
やはりお米作りは大変です。

●エゾエンマコオロギ
DSC_0009_01_01.jpg
畦の巣穴からちょうど出てきたところです。リー、リーと鳴きます。雑食性で、野菜の害虫にもなるそうです。
ちなみに近縁のエンマコオロギは、顔が白っぽく、コロコロコロリーと鳴きます。

●カムルチー(雷魚)
DSC_0013.jpg
石狩川につながる旧美唄川の用水機場にいたものを展示用に寄贈してもらいました。
あえて全貌は載せません。。。観に来てください。
デカイです。凶暴そうです。間違っても手をいれないでください。

今日のふゆみずたんぼ 【ひこばえ編】

今日のふゆみずたんぼ。
DSC_0007_03.jpg
午前中はどんよりしていましたが、午後から晴れ。
じっとりと暑いです。。。

刈り取った株から「ひこばえ」が生えてきました。
DSC_0009_20080902160958.jpg
イネの生命力は健在です。

イネの背丈より高いヒエもポツポツと伸びてきましたが、数えられるほどです。
DSC_0010_02_20080902161220.jpg
それより時折田んぼに出たり入ったりするカワラヒワ(鳥)が気になる。。。

モンシロチョウがたくさんひらひらしていました。
DSC_0006_06_01.jpg
アブラナ科の植物を広く食草とし、北海道でも広く見かける、人里を代表する蝶です。キャベツや大根には害虫です。1995年に京極町で見つかった、ヨーロッパから中央アジア原産の「オオモンシロチョウ」に勢力を追われているそうです。ちなみにオオモンシロチョウは、一回り大きく、前翅の先端の黒色部が外側に長く続いています。

明日からちょっと遅い夏休み。
すみませんがまたしばらくブログをお休みします。
プロフィール

田んぼ管理人

Author:田んぼ管理人
ふゆみずたんぼの管理人です。
「ふゆみずたんぼin宮島沼」もいよいよ5年目!わかってきたようなやっぱりわからないような…。諸先輩方のアドバイスを受けつつがんばってます!どうぞよろしくお願いいたします!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

雁太のつぶやぎ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。